読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(-> % read write unlearn)

All opinions expressed are solely my own and do not express the views or opinions of my employer.

MacにF#のランタイムをインストール

MacにF#のランタイムをインストールしました。F#のページには、ランタイム(処理系)のインストールとして5つの方法が書かれています。
http://fsharp.org/use/mac/

インストール方法 ランタイム *-bit
1 Xamarin Studio で丸ごとがっつりインストール mono デフォルトは32bit
2 mono の pkg mono デフォルトは32bit?
3 Homebrew で mono をインストール mono 64bit
4 source から ビルド mono 64bit

5つの方法のうち、「VisualStudioCode & Ionide」の構成は、ランタイムではなくエディタ環境の構築でしかない(間違ってたらごめんなさい)ので、省きました。

また、結論を言うと最終的にbrew install monoしただけです。 一瞬です。

Prerequisite

.NET とか Mono とか Xamarin とかそのあたりについてある程度知っていたほうが良いです。 そちらは別エントリでメモしました。

hatappo.hatenadiary.jp

1. Xamarin Studio

Micrsoftのエバンジェリストの方の記事が丁寧で分かりやすかったです。
https://blogs.msdn.microsoft.com/chomado/xamarin/getting-started-xamarin-on-mac-for-free/

F#のプロジェクトを作る方法はFile > New Solution > Xamarin.Forms App を選択する際に、C#F#に切り替えて進むだけです。 https://developer.xamarin.com/guides/cross-platform/fsharp/fsharp_support_overview/

別途、Homebrewとかで64bitのmonoのランタイムがインストールされていれば、ランタイムとしてそちらを使用するようにすることも可能です。
Preferences > .NET Runtimes > Add でインストール先のパスを指定すればOKです。

2. Mono

http://www.mono-project.com/download/ からダウンロードしてきて展開します。試してないです。

3. Homebrew

brew install monoでOKです。これが一番楽でした。64bit版が入るようです。 fsharpcコマンドを実行して以下のようにバージョンが表示されればうまくいっています。

$ fsharpc
F# Compiler for F# 4.0 (Open Source Edition)
Freely distributed under the Apache 2.0 Open Source License

error FS0207: No inputs specified
4. Build from source code

試してないですが、以下に手順が書かれています。64bit版が入るようです。 http://www.mono-project.com/docs/compiling-mono/mac/

Hello World F

次のようして、ハローワールドしてみます。

$ echo 'printfn "Hello World F# on mono!"' > foo.fs   # ソースコードのファイル foo.fs を作成
$ fsharpc foo.fs                                      # foo.fs をコンパイルして foo.exe を作成
$ mono foo.exe                                        # mono から実行
Hello World F# on mono!                               # 実行結果出力