読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(-> % read write unlearn)

All opinions expressed are solely my own and do not express the views or opinions of my employer.

RictyのフォントをMacにインストールして「SublimeText3」と「lighttable」と「iTerm2」と「IntelliJ IDEA」に設定

Ricty とは

とても見やすい、プログラミングに向いたフォント。 *1
Inconsolataという英語のフォントと、Migu 1Mという日本語のフォントをあわせたフォント。
インストールするには、上記の素材をそれぞれ集めてスクリプトを使って生成しないといけないみたい。

(追記20160304)頑張ってRictyをインストールしたけど、
Ricty Dimininshedっていう簡単にインストールできる似たフォントがあるそうです。
あとMyrica(MyricaM)っていうフォントも可読性良かったです。

Rictyフォントの作成とインストール

(1) fontforge のインストール

Homebrew をインストール

# 省略

Command Line Tools for Xcode をインストール

xcode-select --install

fontforge をインストール

brew install fontforge

(2) Ricty 生成スクリプトの用意

git をインストール

# 省略

Ricty 生成スクリプトのコードをgithubからclone

git clone https://github.com/yascentur/Ricty.git
cd ./Ricty

この./Ricty/フォルダ内で、素材となるフォントのファイルを配置して、作業していく。

(3) Inconsolata フォントのDL

http://www.1001freefonts.com/inconsolata.font から inconsolata.zip をDLする。

(4) Migu 1m フォントのDL

http://mix-mplus-ipa.osdn.jp/migu/#migu1m から migu-1m-20150712.zip をDLする。

(5) 必要なフォントを配置

以下の4ファイルを、さっきの./Ricty/フォルダにコピーする。

  1. Inconsolata-Bold.ttf (inconsolata.zip内)
  2. Inconsolata-Regular.ttf (inconsolata.zip内)
  3. migu-1m-bold.ttf (migu-1m-20150712.zip内)
  4. migu-1m-regular.ttf (migu-1m-20150712.zip内)

(6) Ricty フォントを生成

# さっきcloneした./Rictyフォルダ内で、
sh ./ricty_generator.sh auto

ずらずらーっとログが出て、成功するとSucceeded in generating Ricty!って最後に出てるはず。
すると以下の4ファイルが生成される。これがRictyのフォントのファイル。

  1. Ricty-Bold.ttf
  2. Ricty-Regular.ttf
  3. RictyDiscord-Bold.ttf
  4. RictyDiscord-Regular.ttf

./RictyフォルダをFinderで開いて、上記4つのファイルを順にダブルクリックして「フォントをインストール」を選択していけば、順にインストールされる。

(7) インストール先

Macに入っているFont Book.appを起動してユーザって所で確認できる。

インストールしたRictyフォントを各種アプリケーションに設定

(1) SublimeText に設定

  1. Sublimeを起動して
  2. Menu BarSublime TextPreferencesSettings - User
  3. すると設定ファイルが開くので、"font_face": "Ricty"を追記する。
    全体感は、例えばこんなイメージ:
{
    // ・・・(省略)・・・
    "font_face": "Ricty",
    "font_size": 12
    // ・・・(省略)・・・  
}

SublimeTextのバージョンは3(Build 3103)で、日本語化はしてないです。

(2) LightTable に設定

  1. LightTableを起動して
  2. CTRL + spaceCommandsを開く
  3. user behaviorsと入力してEnter
  4. すると設定ファイルが開くので、[:editor :lt.objs.style/font-settings "Ricty" 12 1.2]のようなのを追記。*2
    全体感は、例えばこんなイメージ
;; ・・・(省略)・・・
[
 ;; ・・・(省略)・・・
 [:editor :lt.objs.style/set-theme "lesser-dark"]
 [:editor :lt.objs.style/font-settings "Ricty" 12 1.2]
 [:editor :lt.objs.editor/line-numbers]
 [:editor :lt.objs.editor/highlight-current-line]
 ;; ・・・(省略)・・・
]

LightTableのバージョンは0.8.1です。

(3) iTerm に設定

  1. iTermを起動して
  2. Menu BariTermPreferencesProfilesタブ
  3. 左側のペインでDefault列にが付いてる付いてる行を選択して
  4. 右側のペインでTextタブ
  5. Regular FontChange Fontボタン
    1. Collection: 日本語を選択
    2. Family: Rictyを選択
  6. Non-ASCII FontChange Fontボタン
    1. Collection: 日本語を選択
    2. Family: Rictyを選択
  7. Type FaceSizeはお好きに。設定画面的には↓こんな感じ。
    f:id:hatappo:20160303235947j:plain

iTermのバージョンは2.1.4です。

(4) IntelliJ IDEA に設定

  1. IntelliJ IDEAを起動して
  2. Menu BarIntelliJ IDEAPreferencesで設定画面を開いて
  3. 左側のナビゲーションでEditerColors & Font・・・
  4. そしてFontを選択して
    1. Editer FontPrimary font: Rictyを選択
  5. そしてConsole Fontを選択して
    1. Editer FontConsole font: Rictyを選択
  6. ダイアログを閉じる前にApplyOKを押すのを忘れずに。設定画面的には↓こんな感じ。
    f:id:hatappo:20160304000540j:plain

IntelliJ IDEAのバージョンは15.0.4です。

参考

はまったところとか感想

  • Inconsolata の .otf のファイルを使ってやってみようとしたんだけどうまくいかなくて、ttfを探してきた。
  • migu は 1m 以外にも 1p とか色々あって、サイト上でどこからDLするのか迷った。
  • そもそもフォントをインストールするのが初めての経験だった。
  • LightTableって使われているのだろうか。

*1:個人的には、0とO、1とlとかの紛らわしい文字が区別されやすくなってくれればなんのフォントでもいい。RictyやInconsolataにこだわりはない。他と比較もそんなにしていない。

*2:ちなみに、上記の12はフォントサイズ(pt)で、1.2はLineHeight(em)。そこは好みでどうぞ。