読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(-> % read write unlearn)

All opinions expressed are solely my own and do not express the views or opinions of my employer.

Linux ルーティングテーブルの設定

Linuxのルーティングテーブルの設定

1.恒久的な設定
/etc/sysconfig/static-routes に記述。

NIC net <宛先ネットワークアドレス> netmask <宛先ネットワークのネットマスク> gw <ゲートウェイ>

例)
any net 172.23.1.0 netmask 255.255.255.0 gw 172.23.3.1

書き終わったら、ネットワークリスタートで反映される。

# /etc/rc.d/init.d/network restart

2.networkをrestartしたら消える一時的な設定
routeコマンドを使う。

例)
# route add -net 192.168.127.0 gw 172.16.10.254 metric 1 netmask 255.255.255.0 dev bond1

 dev デバイス。eth0とかeth1.100とかbond1とか。

# route で確認。

参考
http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/netcom/route/route.html ←古いのかも
http://jfut.featia.net/diary/20070225.html


■ちなみに、Windowsコマンドプロンプトでは、

route add <ネットワーク> mask <マスク> <ゲートウェイ>

route print でルーティングテーブルを表示。

オプション[-p]をつけると、再起動後も有効な恒久的な設定になる。デフォルトは再起動すると消える。

参考
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/266routing/routing.html
http://tomo.ac/goodstream/windows/winxp/tips/router.htm